弁慶掘 ニジマス 【東京】

P1230026.jpg
やってきました弁慶掘
前回から約2年ぶりの久々の釣行です

秋口からのメッキ・イカ・メバルなど
次から次に季節のターゲットが移り変わる
ソルトの最も熱いシーズンはひと段落し
そろそろバス釣りに回帰したいと思います

自分のバスフィッシングのモチベーションは
もうずっとサイズや数を釣ることにはなく
最も難易度の高い厳寒期を攻略することにありました
九州にいた頃は寒さの底になる1~2月上旬だけバスは頑張って
他のシーズンはそれまでの魚の状態の確認という感じでした
今度は関東に舞台を移してその勝負を楽しみたいです

P1230027.jpg
冬季はバスが普段より特定のエリアに固まりやすいので
なかなか手の届かなくなってしまうフィールドも多いですが
この弁慶掘は狭い水域でのボート釣りなので
確実に狙える範囲に魚が存在し 言い訳はできません
難しいですが何とか貴重な1匹を出したいな

benkein.jpg
(※画像は弁慶橋ボート場さんのツイートより引用)

また 弁慶掘では冬場はいいサイズのニジマスも放流しているらしく
バスが厳しそうなら こっちに狙いを変えるのもアリかな



P1230028.jpg
この日はまずまず気温は高めでしたが とても不安定な天候で
昼前の到着した頃にちょうど強い雨風に見舞われ
出船と同時に弁慶橋の下に雨宿りを余儀なくされました

これでテンションだだ下がりですが
昼過ぎになりようやく雨脚が弱まり意を決して再出撃
今は16時半までと営業時間が短いのでテキパキやらないとすぐ終わるな

厳寒期のこういうフィールドは
やや水深があり安定したところの
フラットなボトムにベッタリして越冬しそうですが
今の時期はまだ寒さの底ではないので
ちょっとした水の動きが遮断されるウィードのポケットなど
浅いところに居残っているバスもいそうです
そういう可能性を感じる箇所をシャッドやクランクで
ひとつひとつ潰していきます

。。。

一周見てまわってアタリすら無し
池の西奥側は雨によってカフェオレのような濁りが発生し
また冬の強い北西風が吹き抜けるのでカオスな状況でした
シーズン中は捕食を意識したバスが多いので
期待ができるエリアでしたが今回は捨てたほうが良さそう
比較的安定した東奧エリアに集中してみます

IMG_0266.jpg
ケイティック/スイングインパクト2.5+ネイルボムで
ウイードのポケットやエッジを探っていると
ついにグンッと引っ張るような反応がありますが
ワームのテールだけ千切られてしまいました

ぐわ~何だったんだろう。。。
こういうショートバイトがあるから
なるべく冬はプラグを使いたいのですが
引っかかってくるウィード片を外すのが面倒になってきて
うんざりしてワームにチェンジしていました

結局その後は反応が得られず 残りは1時間
あと可能性があるのは弁慶橋の下くらいかな
ここを打ったら寒しいもう上がろう

P1230030.jpg
橋の下は日が当たらないのでウィードがスッポリ無く
弁慶掘の中でも特異なポイントです
この時は風からもややプロテクトされていて
ワンチャンスあるぞと信じて投げ続けます

ギューン!ギューン!

・・・!?

魚がヒットして、その瞬間すごい勢いで突っ込みまくります
引きからバスではなくニジマスだとすぐにわかりましたが
何度か同じようなサイズは他の管理釣り場で釣ったことはあるものの
今までにない突っ込みと暴れ方をするので少し驚きました
また ボートからなので魚が自分の方向に向かってきて
後ろにまわりこんできたりと管理釣り場で釣るニジマスとは
やり取りの違いに焦りつつも何とかキャッチ!

AC0qt2KjUcAAJFyU.jpg
よっしゃ
弁慶掘では60クラスも放流されているらしいので
そういった特大サイズではなかったものの満足できる魚でした

というわけで弁慶橋下も場荒れしてしまったし
寒いので少し早いけどこれで終了
ニジマスが相手をしてくれたのは良かったですが
冬バスを仕留められなかったのが心残りです
今度は落ち着いた天候の時にまたリベンジしたいですね

弁慶フィッシングクラブの公式サイト

弁慶掘の場所はココ
(赤坂見附駅より徒歩数分)
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

結果出しますねー!悪コンディションなのに・・・
ワームに反応するニジマス。楽しそうですね!

子供に見せたら「また行きたい!」と。
俺らじゃ簡単には釣れないよ・・・

No title

グリーンさん本年もよろしくお願いします!
ギリギリ1匹釣れてラッキーでした!
ここは子供さんたちに釣らせるのはかなり辛いですね
ボート乗り場の餌釣りのイケスなら
ファミリーでも手軽に楽しめそうではあります