奥多摩川 【東京】

P3050007_2017042101445645d.jpg
明日はどこに釣りに行こうかな?と考えていた休日前、
奥多摩漁協のパンフレットを見たら
ちょうど上流域で放流がおこなわれている日でした
放流翌日ならまだまだ魚が残っているんじゃないかと期待して
初の奥多摩方面のトラウト釣行に繰り出してみました



P1310031.jpg
ちょうど正午ごろ奥多摩着
まずは役場下と呼ばれるところからエントリーします

都心では桜は終わりかけていますが
奥多摩は山間部のためちょうど見ごろで
点在する山桜が目を楽しませてくれました

P1310033.jpg
ここは町の中心部のため川はよく整備されていて歩き易く
駅からも駐車場からも近いというアクセス良好な場所なので
こんなところで鱒なんて釣れるのか?と思ってしまいますが
以前 youtubeでここで釣り上げている動画を見たことがあり
気になった場所だったので ちょっとだけチェックしてみます

しばらく投げて やはり反応は得られず
すぐ上流に氷川国際マス釣場があり
そこから落ちてきた魚がたまに釣れる感じっぽいですね
それも朝イチならともかく 日中はほとんどチャンスは無さそうだと
15分程度で見切りをつけ移動します



P1310037.jpg
続いて昭和橋付近へ
この辺りが放流ポイントらしく期待大です

ちょうど入れ替わりで帰りかけているアングラーの方とお話をすると
朝方に淵でやっていた方々は好調だったそうです
ただ日が昇ってからはイマイチとのこと
やっぱり早起きしてこないと駄目かな?

とりあえず釣り場を把握しようと
スピナーを広く投げながら周っていると
瀬にある岩の隙間からヤマメらしき魚影が飛び出してきてヒット!
すぐバレてしまいましたがちゃんと居ますね

P1310038.jpg
引き続きスピナーで釣っていると
なにかハヤみたいな小魚達がルアーを追ってきます
それがまさかのヒットしたのであげてみると
こんな小さなヤマメでした

P1310039.jpg
またヒット
狙ってなくても釣れてしまう
ひょっとして稚魚放流も一緒にされたのかな?
大きくなってもらえるように なるべく手早くリリースです

ひととおりやって釣り場の状況がわかってきたので
最も魚が残されていそうな一角に狙いを定めます
そこではわりと良い感じでチェイスが得られますが
やはり日が高い時間帯のため食いが甘いのか
どうもフッキングがなかなか決まりません

C9nLd00VYAIW5r_.jpg
ようやくキャッチ
さっきのよりマシだけど小さいね

まあまあ魚影はあるので ここで粘ってもよかったですが
もう少しヤマメを追加して終わってしまうのが想像できてしまうので
もっと自分がワクワクできる場所を求めて移動します



P1310043.jpg
昭和橋からどんどん下流へ向かいます
あまり川に降りれる場所は多くありませんが
どうにかエントリーできる場所を見つけてはチェックしてみます

放流地点から離れるとやはり魚影はあまりありませんが
他のアングラーの方もまったく見かけなくなったのので
好きに投げることができ気持ちは良いです
一度だけ淵に投げたミノーを魚影が追尾してきて
ドキッとしましたがヒットには持ち込めませんでした



P1310050.jpg
最後に白丸ダムまで降りてきました
ちょうど天候が崩れはじめ小雨がパラつきます
これでトラウトの活性は一気に上昇しそう
これまでで最も大物の可能性のあるポイントなので
とても期待感が高まります

慎重にミノーで探りを入れていると
ブレイクからふわっと白い魚影が現れ
ミノーをチェイスしてきました
しかしノラず

ニジマスだったな
そんなに大型ではありませんでしたが
ようやくのマトモな魚だったのに・・・

その後も諦めずにキャストをすると
時おり同様のチェイスがあります
しかしどうしても仕留められず
何度もノラねー!と天を仰ぎます

とうとう日没となりタイムアップ
チェイスはそれなりに得られましたが全然獲れない日でした
夕方からは天候が崩れて状況は悪くなかっただけに
もっと魚にためらわせずバックりと食わせられるように
自分の釣りを改善する必要を感じました

6月からは鮎が解禁し
各漁協は鮎の放流に力を入れてしまいます
川には多くの鮎釣りの方が出られるので
トラウトはやや一段落の印象があります
あと一か月ほどの間は心残りがないようにやっていきたいです

奥多摩漁協の公式サイト

昭和橋の場所はココ
(奥多摩駅より徒歩5分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント