花見川 【千葉】

首都圏近郊のバス釣り場で沼といえば
牛久沼・印旛沼・手賀沼が有名で三兄弟的な感じがあります
関東でも比較的古くからバスが入っている老舗のフィールドですが
近年はバスの魚影が薄くなっているうえにプレッシャーは高く
なかなかどこも手強いというイメージです

これまで牛久や手賀沼水系では
過去に釣りをしたことがありますが
印旛水系だけはなぜか未釣行だったので
いつか挑まないといけないなと考えていました

そんなわけで今回は印旛沼から流れ出ている
印旛新川・花見川に向かってみました



P1070085.jpg
昼過ぎに村上橋付近に到着
印旛新川の最下流エリアです

このあたりは川というよりは
大きな水路という様相ですね

今回は風の強い日で
こういった直線的な水路は風が吹き抜けてしまい
見た感じ底荒れしていて厳しそうです
周辺にバスが落ち着けそうなところは見当たらず
あまりチャンスは無さそうだと
クランクベイトを軽く投げつつ
どんどん下流側へ進みます



P1070089.jpg
P1070090.jpg
大和田機場
ここを境として新川→花見川へと
河川の名称が変わります



P1070092.jpg
花見川は里川的な雰囲気があります
新川のような酷い底荒れにはなっておらず
こっちの方が良さそうだな



P1070093.jpg
おもしろそうな支流との合流点ポイント

残念ながら先行者があり
最も期待できる合流点には入れませんでしたが
支流内に小バスがいるのを発見
まずはノーフィッシュ回避しようと
スピナーを投げてみるヒットしますが
残念ながらバレてしまいました
まあいいや、移動



P1070094.jpg
花見川をどんどん釣り下ります
川幅は20mほどでしょうか
オカッパリにちょうど良い規模で
岸から大半の水域は狙うことができて釣っていて楽しいです
一帯はヘラやコイ釣りなど他魚狙いの方も多いので
お邪魔をしないように気をつけて
トラブルが無いようにしたいですね

ヘラ台やアシなどストラクチャーは点在し
雰囲気はとても釣れそうな感じがしますが
大きな地形的変化が少ない河川という印象で
バスの密度が濃くなるようなところは多くなく
あまり固め釣りできそうにありません

さらに今回は風が強く、曇りがちの天候なので
バスはカバーにそこまでタイトに着いているとは思えず
ひたすらランガンしてどれくらい魚を拾えるか という勝負になりそうです
クランクとシャッドのただ巻きをメインに
カバーがあるところやスピードを落としたい時はワームも使います

C-VSDmzVwAAkne3.jpg
岸沿いにレッグワームを引いて1匹目
30くらいのお腹の膨れた雌らしき個体でした

C-VSDmvVwAAediC.jpg
良い感じにブレイクラインを狙える場所があったので
ダイワのピーナッツDRで叩いて25くらいのを追加

その後はなかなか追加できず
支流との合流点のような可能性の高いポイントには
どこも先行者がいて悔しい思いもします

C-VSDmxUMAAnj5T.jpg
夕方にノリーズのメータークランクで
フローティングカバー沿いをトレースして20ちょいのを追加
どんどんサイズダウンしてるな

P1080103_201704290432507c1.jpg
3匹目を釣ったフローティングカバーです
夏になるとこういったパッドやウイードなど
植物系のカバー対策が必要になりそうですね



そして、マズメに期待して頑張りましたが
最後にドラマは訪れずタイムアップ
というわけで初の印旛新川・花見川釣行は
アベレージサイズ3匹の結果でした

バスからの反応があったところは
支流・岸際・ブレイク・カバーとバラバラで
どこでもチャンスはありますが
そのぶん魚の密度は薄くなっていて
これくらい拾うのが自分には精一杯でした

それでもエントリ―できる箇所は多く
釣り歩きが楽しめたので満足感はあります

さあ 次は本丸の印旛沼に挑むぞ

印旛新川・花見川の場所はココ

(村上駅より徒歩10分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント