大栗川 【東京】

夏の暑さを感じる日が多くなり
小物達も元気に泳ぎ回る時期となりました
そろそろ最近始めたテンカラの釣りでオイカワなんかをやりたいな

P2120063.jpg
というわけで先週は多摩川と大栗川の合流点付近へ

ここは一年前に釣行した際は
ルアーでオイカワやハヤを釣りましたが
やはり魚のサイズ的にルアーだと確率が悪いので
彼らの口の大きさにピッタリな毛鉤を使うテンカラには期待が持てます

日中はなかなか厳しそうですが
のんびり昼すぎから出撃し、釣りながら状況を掴んで
一気に食いが立つマズメまでには好位置を確保して
しっかりと勝負ができるようにしたいです



P2120065.jpg
まずは多摩川本流側からエントリー

前回釣行時は夕マズメ時間帯で
あちこちで小魚達のライズがある状況でしたが
今はまだ日中なので穏やかな水面です
これだとテンカラは厳しそう

まずはルアーで状況をみてみようかと
スピナーを広範囲に投げてサーチしていきます

流心付近の底をスローに引いていると
明らかにオイカワではない大きなアタリが・・・何だろう

IMG_0534.jpg
よっしゃナマズ
小物狙いのためスピニングで細いラインなので
ヒヤヒヤでしたが何とかキャッチできました

ファーストフィッシュは思わぬ魚だったけど幸先いいな



P2120066.jpg
続いて大栗川のほうへ
いかにもオイカワなどの小物がいそうな流れが続いています

ここでテンカラに最初の反応が・・・
魚が小さすぎてノラなかったけどイケそうだ

その後も何度もチェイスがあり
ワクワクしながら竿を振り続けます

そして

DBJtJZIV0AAoIzL.jpg
テンカラでオイカワ初GET
日本の川魚らしさを感じる淡い色合いの魚体にほれぼれします

DBJtJZJVYAAqywY.jpg
すぐに2匹目
どこに魚が溜まっているかだんだんわかってきました

それにしても食いが立っている時のテンカラはおもしろいです
表層の毛鉤に魚がパシャと水面を割って食ってくるのは
ルアーのトップウォーターに近い興奮がありますが
テンカラはとても手返しがいいので興奮冷めやらぬまま
また次のキャストで反応があり熱中してしまいます

P1010068_2017061123473721d.jpg
P1010073.jpg
P1010074_20170611234805d3d.jpg
マズメになると連続でヒットするタイミングもあり
楽しい時間が過ごせました

P1010075_2017061123531487c.jpg
最後は稚鮎が引っかかってきたり

そして日没となりタイムアップ
身近な多摩川水系ではじめてテンカラで釣れたので満足です
オイカワは10匹ほどと数自体は大したことはありませんでしたが
フッキングしないような小さなサイズの魚からの反応が多く
チェイスはその5倍くらいはあり、飽きることなく楽しめました
夏になり彼らが成長してくると さらに数を伸ばせそうで期待できます

テンカラのおかげで本格的な夏が待ち遠しくなってきた

大栗川の場所はココ
(聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩15分ほど)

関連記事

コメント

非公開コメント

多摩川水系いいですね~

田舎に住んでいたころは、ハヤやフナ、鯉を釣っていた時を思い出しました。
多摩川水系って、色々釣れるんですね~
水も綺麗な感じだしいいですね!

No title

ありがとうございますe-257
多摩川は以前は汚染がひどかったらしいですが
だいぶ水質改善しているようで十分楽しめます!