江戸川 市川周辺 【千葉】

梅雨のテナガエビシーズン真っ盛り
前回は荒川でテナガ&バスの両釣りを狙いましたが
残念ながらバスが不発に終わり達成できず
なんとかこのテナガエビ最盛期の間にそれを成立させたいなと
今度は江戸川に場所を移しリベンジ釣行してきました

PC310009.jpg
とある日の昼すぎから江戸川へ
千葉県市川付近はテトラ帯が長く続いていて
古くからのテナガエビ釣りの好ポイントとして知られます
かつては聖地とすら呼ばれていたらしいですね

バスに関しても昔から有名なエリアではありますが
やや下流域すぎて バスにとっては潮の影響を受けすぎの印象があり
生息環境としては厳しいようで魚影はかなり薄く
釣れないイメージしかありませんが
その難しい勝負を楽しみたいです

PC310010.jpg
PC310011.jpg
最初にエントリーしたのは北越製紙工場裏付近
工場からの排水がありボラやコイなど魚影が濃く
生命感があり期待できるポイントです
まずはここでテナガエビを狙います

PC310013.jpg
カニカマを餌に仕掛けをテトラの隙間に落とします
テナガエビ狙いにはあまり期待ができない満潮に向かう時間帯のため
厳しいことも予想していましたが幸先よく反応が続きます
しかし何度も餌を取られ なかなかキャッチできず
やっと釣り上げるとこの大きさでした

PC310016.jpg
ポツポツと同サイズを追加していきます
抱卵中のメスばかり続けて掛かってくるので
卵を傷めないように気をつかいながらリリースします

他のテナガエビ狙いの方と話をしても
サイズがイマイチだとおっしゃっていて
エビ針よりも小さなタナゴ針のほうが良さそう

PC310028.jpg
テトラと葦の複合した箇所を狙うと
より反応が増えてきました

PC310019.jpg
PC310021.jpg
PC310025.jpg
そこではオスも何尾か混じり
ようやくテナガエビを釣った気分になりました

良型がでなかったのが心残りですが
数も十数匹ほどになり ひとまず満足したので
そろそろもう一つのターゲットのバスを仕留めるべく
釣りをルアーフィッシングへとシフトします



PC310034.jpg
江戸川は護岸やゴロタ、テトラなど
岸際はストラクチャー豊富で絞りづらいです
結構、濁りのあるフィールドなので
スピナベやクランクあたりで流しながら
より条件がいいスポットを探していきます

バス狙いならば少しでも上流のほうがいいだろうなと
市川橋付近まで移動してきました
ここからさらに上流の矢切付近までは
有力ポイントが連続するエリアで
バス狙いらしきルアーを投げている方もちらほらといます



PC310037.jpg
真間川水門
昔から有名なポイントですが
いつも釣り人がいてエントリーできたためしがありません
今回も鯉のぶっこみ釣りの竿が並んでいて
キャストをすることはできませんでした



PC310039.jpg
さらに上流のテトラ帯
ここ なかなか良さそうだな
アウトサイドベントにあるため岸際からそこそこ水深があり
この時は流れがちょうどラージマウスバスにとって
居心地の良いくらいの感じに見えます
テトラ際にはテナガエビの影が見え隠れし
そろそろマズメの時間帯で捕食のために
フラフラって寄ってきているバスがいるかもしれません

何が何でも一匹釣りたいので
サイズを選ばず釣れるスピナーで
テトラ沿いをチェックしていきます
ワンチャンスあるぞと信じてやっているとヒット!

DDP9ZufUAAA6Lq-.jpg
よっしゃ小さいけど江戸川バス!
サイズはともかくこの魚影の薄いフィールドで
バスをキャッチできたのが嬉しいです

そして日没となりタイムアップ
なんとかバスとテナガエビの両釣りが成立できました

せっかくなのでやりたい釣りを両方やる
欲張りな釣行をしていますが
それぞれのターゲットを狙うタイミングなど
現地で状況を見ながら決めていくことが楽しいです
二兎を追う者は一兎をも得ずという諺もありますが
やっぱりどちらかを捨てるのは勿体ないですよね
梅雨が明けるとテナガエビからハゼに主役が代わり
今度はバス&ハゼなんかもやってみようかと考えています
ますます夏が楽しみだ!

江戸川・市川橋の場所はココ
(市川駅より徒歩10分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント