スポンジフロッグ

最近、ティムコからでた野良ネズミが流行っています
かつてあったゼタベイトのスワンプラットを
日本のフィールド用にダウンサイズしたようなルアーで
間違いなく釣れるルアーでしょう

そんな野良ネズミが話題になっているのをみていて
もう十数年も前の高校生のころに
こんなルアーを自作していたこと思い出しました

DENCFFCU0AA-WMx.jpg
食器用スポンジをハサミで
チョキチョキ切ってつくったフロッグです
学生の頃はそんなにルアーをたくさん買えないので
いろいろなことを工夫して釣りをしていましたが
これもそういった中で生まれたものでした

野池で数を釣るのに最適なサイズにしていて
オーバーハング下やリリーパッドのポケットなんかに入れて
ちょんちょんとテーブルターンさせれば一発でした
まだ虫系ルアーや小型フロッグなどは
あまり発売されていない時代でしたし
穴だらけのスポンジ素材は
普通のルアーとは水絡みが違い
バスには新鮮に感じたのか やたら釣れました

当時はPEラインが高額でさほど普及していなく
今のように軽いものを投げれるリールもなかったので
スピニングタックルのナイロンラインでやっていましたが
やはりカバーで使うには心もとなく
魚のことを考えて いつしか使わなくなっていきました
現在はタックルが格段に進化しており
パワースピニングやベイトフィネスのタックルなら
安心して使うことができそうです

弱点をあげると
長時間使うと素材がヘタってきて
長持ちするルアーでないことです
ただ お金がかかるのはフック代くらいで
数百円で何個も作れてしまうので
ダメになっても気軽に取り換えができます

P7120046_2017071300180492f.jpg
スポンジはスーパーなどで
5個100円くらいで売っている安いので充分
ひとつひとつ色違いで入っているものは
いろいろなカラーのフロッグが作れるのでお得です

あと必要なものは
ストレートタイプのワームフックに
板オモリと瞬間接着材くらい
好みで目玉をつけると可愛く仕上がります

DENCFFAVYAAgB06.jpg
もし作ってみようという方がいましたら
スポンジ素材はフックがズレやすいので
口元に瞬間接着剤を一滴たらして
固定してしまうのがポイントです

今でも使えば普通に釣れるとは思いますが
東京近郊だとあまり野池がなく出番も少ないので
さらに改良してパンコイに使えないかなとか考えています
カットで形は自由自在な素材なので
発想次第でさらに他の釣りにも使えそうですね

釣行記がメインのブログですが
たまには趣向を変えて ルアーのことを書いてみました
学生の頃はいろいろなアイディアがありましたが
いつの間にかメーカーが製品化しているものも多く
今回はネットで検索しても同じようなものが
見あたらなかったので記事にしてみました
他にも こんなのもあったなと思い出したらまた書いてみます

コメント

非公開コメント

ついにS級釣りにも自作ルアーが出てきましたね!さらなるアイデアをよろしくお願いします!そしてあやかり記事(紹介)を作ったらまたお知らせしますね…

No title

いつもありがとうございます
グリーンさんには敵いませんが
何か面白いものを考えたらまた書きますe-257