江戸川 松戸付近 【千葉】

古くからバスの生息が知られているものの
なかなか簡単には釣れないイメージのある江戸川
しかし、東京近郊の釣り場の中では規模があり
あまり規制もなく ノビノビと釣りができるところなので
もっと自分なりに把握してみたいフィールドです

先日は市川付近でやって小バス1匹
もう少し潮の影響の少ない上流ならどうだろうなと感じ
今度は松戸市付近の様子を見に行きました
事前にグーグルの航空写真で見た感じでは
江戸川の本流だけでなく それに繋がる支流や
河川敷にある水路や池らしきものなど
いろいろあり変化に富んでいて
期待が持てそうなエリアだと感じられます

IMG_0627.jpg
本格的な夏に突入して日中は灼熱
釣れる気がしないので のんびりと午後3時半に到着です
夕マズメまでにここぞという場所を見つけて
しっかり勝負をしたいです



IMG_0633.jpg
まずはマップを見て気になっていた
江戸川沿いを流れる水路のようなものをチェックします

浄水場から流れる人工河川で『ふれあい松戸川』と呼ぶようです
ちょこちょこ足場を見つけてルアーを投げていきますが反応なし
江戸川本流との出入り口にはラバーの堰があり
魚たちにとっては出入りがしにくそう
それでも入ってくるバスはいるとは思いますが
水路内は浅いうえに割と流れも速く
環境的にあまり個体数は多くはなさそうです



IMG_0632.jpg
本流側もチェックしてみます
かなり風のある日で岸際は濁りがでてキツそう

この強風をプロテクトしてくれて
時期的に主なベイトとなっているでしょう
テナガエビが潜んでいるような
しっかりしたテトラが入っているようなところがあればいいのですが
あまりこの近辺には無さそうな感じです
ややバスが寄るには弱い印象で
ほとんどルアーを投げることなく
今回は本流は捨てることを決めました



IMG_0634.jpg
松戸川にいくつかある水門を重点的に探ります
バスが留まるなら こういったポイントだと思いますが
タイミングが悪いのか気配が感じられません



IMG_0635.jpg
逆ワンド状に本流と繋がる池
見つけた瞬間はオッと思いましたが
本流から風によって濁り水がどんどん入ってきていて
反応はイマイチな感じでした

こういうところは台風とか大雨で増水して
本流から避難してきた魚達がやや落ち着いてきたタイミングが狙い目でしょうね



IMG_0638.jpg
もう一つの池
バス釣りらしき先行者の方がいたり
釣り人の形跡も多く、人気の場所なのかな?
そろそろ夕マズメが近づき この池に賭けるとします

釣れるならここだろうなと感じた本流との出入り口付近で
気配を消して慎重にレッグワームを投げているとHIT

IMG_0639.jpg
こんな小さいバスだった
でもまあ一応ノーフィッシュは回避
たまに本流から良型が入ることもあるかもしれませんが
池の規模的にこのサイズがほとんどでしょうね

というわけで日没となり終了
はじめての松戸付近の印象は
やはり江戸川水系らしく魚影は薄く
本流に繋がる水路や池にも可能性はありますが
近所に住んでいて通える環境でもない限り
あらかじめ良いタイミングを読んで釣行をすることはなかなか難しそうです

江戸川は東京近郊の中でもかなり難易度が高いフィールドですが
そんな中からバスを見つけることに面白さは感じられます
今後もちょくちょく釣行を重ねて把握していきたいです

江戸川の場所はココ
(松戸駅より徒歩10分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント