江ノ島 メッキ 【神奈川】

今年もこの季節がやってきました
遠い南洋から黒潮にのってやってくるメッキ
獰猛にルアーに襲いかかる小さなファイターです

そろそろ太平洋沿岸の各地で
釣果が聞かれるようになってきました
関東には夏の終わりごろに接岸し
アングラーを喜ばせる人気のターゲットになっています
自分も久しぶりのメッキの顔を見たくて
そろそろじゃないかとウズウズしていました

そんなわけで先週は片瀬江ノ島へ出撃
広大なサーフが続く湘南地区において
河川・漁港・陸繋島など複数の地形変化を有し
魚が着きやすく期待が持てるエリアです

P2160076.jpg
昼すぎに到着
日差しが強いので境川河口部付近の
橋の下の影に入り のんびりと準備を開始します

周りでは数人のハゼ釣りの方が
天秤仕掛けを使ってけっこう良いペースで
まずまずの型のハゼを釣り上げています
ハゼクラも持ってくればよかったな

さっそく川沿いをミノーなどで軽くチェックしてみます
開始しばらくして10㎝くらいの
小さなメッキらしき魚影の追尾がありました
ちゃんとやってきているっぽいですね



P2170077.jpg
河口まで細かく刻みながら探っていきます
なかなかメッキからのバイトは得られませんが
ダツが襲いかかってきたり
スズキサイズの大きなシーバスが追ってきたり
飽きないくらいに魚達がルアーに反応してくれて楽しいです

DJcDMutVAAEf58-.jpg
そして魚っ気が感じられるスポットがあったので
コースを変えつつ何度もミノーで撃っていくとヒット!
一瞬メッキかと期待しましたが美しい魚体のセイゴでした

DJcDMutUIAAPA4D.jpg
さらに同じスポットで粘り続け
ついに今年初のメッキとご対面!

P2170078.jpg
ルアーはメガバス/ロッキーフライ+虫ヘッド2g
今回のように好天の日中で
いまひとつミノーなんかを追ってこない状況では
ワームに頼ることもあります

使い方は狙っているスポットに投げ込み
魚に気づかせるためにババッと一度跳ねさせてから
ピューッと水面直下を引いてきます
これもリアクションの釣りですが
ミノーのダートのような不規則な軌道ではないので
メッキが捕食ミスをしにくく 日中の単発バイトを ものにしやすい釣り方です



P2170082.jpg
境川河口で夕マズメまで粘ってもよかったのですが
せっかく一匹釣れて 心に余裕ができたので
いままで行ったことがないポイントの様子を見にいきます

途中の海水浴場では海の家の解体が進められていて
夏の終わりの風景に少し寂しさを感じてしまいます



P2170084.jpg
腰越港へやってきました
こっちにもメッキ達は入ってきてるかな?

堤防の先端部から
最も期待ができる港の出入り口付近を狙います

時おり堤防真下からフワッとメッキがでてきて
ルアーを食いそうになるのですが
あと一歩で見切られてしまいます
中には25㎝くらいありそうな良いサイズもいましたが
足場が高いので誘いづらく なかなか難しいです

完全に夕マズメの時間帯になりました
もう少しでメッキが食いそうだったのが悔しくて粘りますが
どんどん日没が迫ってきて焦ります

そうしていると港内で釣りをされていた方が
3匹くらいポンポンとメッキらしき魚をあげているのを遠目に目撃します

あんな港の奥側にいるのか??
最も水の動きが強い堤防先端ばっかり狙っていて
穏やかな港内はノーマークだったのでビックリします

そのアングラーの方にお話をうかがい
少し近くで投げさせて頂きました

DJcDMuyUIAAiJo7.jpg
おこぼれで1匹キャッチ
ルアーはDUOのリュウキ

その後も日没までやりましたが追加はできず
メッキは暗くなり過ぎるとダメですね
もうちょっと港内に魚がいることに早く気づけていたらと悔やまれます
でも とてもいい経験ができた釣行になりました

後日、たまたまあの時のアングラーの方らしき釣行記を発見
とても精力的に釣行をされていて
湘南エリアで釣る際は参考になりそうなブログです



というわけで久々のメッキゲームでした

まずまず魚影はあったものの
あまりキャッチはできませんでしたが
何とか今年もメッキの顔を見ることができて良かったです
彼らには遠い南の海域からやってきて
自分のルアーにヒットしてくれたことに
どこか運命みたいなものを感じてしまいます
シーズンはまだ開幕したばかり
また次にメッキと出会うことが楽しみです

江ノ島の場所はココ
(片瀬江ノ島駅より徒歩5分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント