荒川 岩淵水門 【東京】


首都圏を流れる大型河川・荒川
バスフィッシングのフィールドとしても人気で
休日の有力ポイントには多くのアングラーが訪れますが
その中でも岩淵水門付近はバスが狙える
最下流部といわれているエリアです

ただ ここをネットで検索してみても
シーバスの釣果はいくつかあるものの
バスを釣り上げている写真はどうも見つかりません
生息環境としてギリギリのエリアなので
おそらく魚影はかなり薄そうな感じですが
実際のところはどうなんだろうな
その荒川最下流バスを仕留めてみたいなと
今回はじめて挑戦してみました

IMG_0807.jpg
というわけで
とある日の昼すぎから新荒川大橋付近にエントリー
ここから下流にある岩淵水門へ向かっていきます

この辺りを一見した感じでは
岸際は浅い砂泥底が続いていて
バスが着けるような場所が少なさそう
たまたまベイトを追っていたりして移動している魚が
単発で釣れることはあるのかもしれませんが確率はとても低そうです
でも とりあえず広く探ってフィールドを把握していこうかな



IMG_0809.jpg
釣行前に地図を見て気になっていた
河川敷にある池ようなものをチェックします

荒川本流と繋がっているので
増水時に魚が入って取り残されているかもしれないと
細かく刻んで しっかり探ってみましたが残念ながら反応はなし
タイミングによっては期待ができそうな場所でした



IMG_0811.jpg
しばらく釣り歩いていると
ここはと思えるスポットを発見
この一角だけ少し深く掘られていて
しかもテトラが入っているので
バスがいれば着く可能性はとても高そうです

そーっと近づいて
スイングインパクトのジグヘッドを落とし込み
ゆっくり巻き上げていると スーッとバスがでてきて
パックリとワームを咥えたのが見えました

これはもらったとアワセますが
まさかのフッキングが決まらず
口の固い部分に当たって 弾いたっぽい

あの手この手でもう一度食わせようと粘りますが
バスの気配は無くなります

ガックリ
30㎝くらいのバスではありましたが
なかなか1匹釣るのが難しそうなエリアだけに獲っておきたかった



DKuTnW3U8AEoMD7.jpg
IMG_0814.jpg
通称 赤水門と呼ばれる旧岩淵水門まできました
看板の写真を見ても河川の分岐やベントなど
とても地形変化が集中しているエリアだということがわかります
また、水門の周辺は石積み護岸されたところが多く
ハゼやエビなどのベイトの棲み処となっていて
それを狙う捕食者達がいそうです

IMG_0816.jpg
赤水門と繋がる島に渡って
広く探っていきますがなかなか反応なし

この旧水門はけっこう有名な心霊スポットらしく
事前にこの釣り場のことを調べている時に
怖いのばっかりでてくるので
少しビビりながら釣りをしていました



IMG_0815.jpg
青水門と呼ばれる岩淵水門
こちらは釣りができる足場が少ない感じ

新・旧水門の間ある足場に入って
バスの魚影を探していきますが見つからず
そこはラージが好むような やや水の動きの緩い水域になっていて
良いポイントではありますが その時に魚が居るかは
けっこう運の要素が大きそうです

バスの魚影がないので
ちょっと気分転換にミノーを遠投して
沖目の流れの中にシーバスが潜んでいないかをチェックします


・・・ググン!

DKuTnW3VAAApnJS.jpg
よっしゃ、大きくないけどキャッチ!
ルアーはラッキークラフトのビーフリーズ
やっぱり どちらかといえばシーバスがメインになるエリアですね

さらに追加を狙っていきますが
シーバスも反応は続かず

IMG_0821.jpg
(写真は夕マズメにルアーに引っかかってきたイナッコ)

秋のタイダルリバーは主なベイトとなるイナッコに
バスやシーバスの動きが左右されることが多いですが
今回は観察する限り さほどイナッコが多くなく
捕食者達の気配もあまり多く感じられませんでした
釣行のタイミング的には微妙な日だったかな

岩淵水門周辺はひととおりチェックしたので
再度 バスからのバイトがあったスポットに戻り
最後に打ち直してみましたが アタリはなく タイムアップ!

というわけで残念ながら荒川最下流バスを仕留められず
一匹ですがバスに食わせるところまではいったので
ちゃんと狙えるフィールドなんだなということはわかりました
かなりタイミングに左右される場所ではありますが
バス・シーバス両方とも可能性があって
都内のフィールドとしてはいい釣り場ではないでしょうか
次にやるときは絶対に仕留めたいです

岩淵水門の場所はココ
(赤羽岩淵駅より徒歩15分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント

シーバスとはすごい!荒川にもまだまだ釣れるところがたくさんあるんですね-。赤羽の方ですか。シーバスチャレンジしてみたいでね!

No title

水温が下がってくるこれからの時期が
荒川などリバーシーバスの本格的なシーズンになります!
シーバスチャレンジ期待しています!e-257