豊洲ぐるり公園 【東京】

P3110015.jpg
やってきました豊洲ぐるり公園

豊洲埠頭の周囲に整備され
昨年の市場の開場と同時にオープンする予定の公園でしたが
都知事の市場移転延期判断によってストップし
ようやく今年の7月に一部が解放されました
今のところ釣りに関する規制などはないようで
まだあまり知られておらず 注目のスポットです

今回はその部分開放された中の
豊洲埠頭の先端部でやってみます
秋が深まり肌寒さを感じる日も増え
運河や河口部のシーバスが期待ができる時期になりました
越冬や産卵に向けて積極的に捕食している魚を仕留めたいです

到着して景観の凄さにまず驚きます
レインボーブリッジを中心に東京港の夜景を見渡すことができ
こんな場所がひっそりとオープンしたのは本当にもったいない

P3110017.jpg
水辺の遊歩道は広々としており解放感があります
ただ万一、事故が起きると釣りが規制される可能性があるので
キャストの際はしっかりと注意を払ってやっていこう
平日の夜間ということもあり他に釣り人は一人だけ
ストレスなく のびのびと釣りができそうです

まずはどんな状況でも汎用性のある
シンキングペンシルで広く探りながら様子を見ていきます
水面にはたくさんのボラがパチゃパチゃと跳ねておりとても生命感があります
沖でドバン!と何者かが捕食をしたようなライズも確認できました
足元から けっこう水深があるようですが
レンジは表層を狙ったほうが良さそうだな

P3110022.jpg
公園南側の富士見橋付近
柵から先まで護岸されていて一部釣りにくいところがあります
また公園全体が水面までわりと高さがあり
タモは3m以上の長めのものが欲しいです

P3110025.jpg
ルアーを投げるとスレで引っかかってくるくらいボラがいますが
これだけ多いと どこにシーバスがいるのか絞りづらいです

状況にマッチするルアーを探して
あれこれと試行錯誤を繰り返します
そうしていると もう一人のアングラーの方が
シーバスをキャッチしているのを遠目に目撃しました
おそらく60㎝以上ありそうな悪くない魚のようで
ちゃんと釣れる状況だということが確認できたと同時に
これで言い訳はできなくなった

P3110028.jpg
ひととおり護岸を周りきりますがアタリ無し
タイムアップが近づいてきたので
奥の手のライトタックルをだして
どうにかノーフィッシュは回避しよう

ここまで釣りをした中で最も可能性が感じられたスポットで
集中してワームを漂わせ続けます

IMG_0855.jpg
そして、ようやく豊洲ぐるり公園シーバスをキャッチ!
そう簡単にはボウズにならないぜ

というわけでパッとしない釣果ではありましたが
新しい釣り場への釣行はワクワク感があり楽しめました
豊洲ぐるり公園は まだ閉鎖されているエリアもあり
はやく全面オープンされることが待ち遠しいです
こんなに綺麗に整備されたスポットが
ずっと利用することができないのは本当にもったいないよ

近年、東京の沿岸部は工事などで
釣り場が少なくなっていますが
有明北緑道公園や今回の豊洲ぐるり公園など
新しく釣りが可能な場所もオープンしていて
釣り人自身がしっかりと事故やマナーに注意していれば
そんなに未来は暗くないと感じます

次にやる時にはあのボラを食っている
良型のシーバスを引っ張り出す方法を考えておきたいです

市場移転問題でイメージに傷がついた豊洲ですが
これだけ素晴らしい夜景を見ながら
釣りも楽しめてとてもいいところでした

豊洲ぐるり公園の案内(江東区)

豊洲ぐるり公園の場所はココ
(市場前駅より徒歩10分ほど
関連記事

コメント

非公開コメント