多摩川 立日橋 小物編 【東京】

IMG_0967.jpg
やってきました立日橋
多摩川の中でも屈指の人気スモールポイントです
昨年にバス釣行をしたことがあったのですが
その際に ちょっとオイカワなどの小物が狙えそうな
良い感じの支流の合流があるのを見つけて
今度はここでテンカラをやってみたいなと思っていて
先日それを実行してみました

午後3時着
台風後のすっきりした快晴で
日中はあまり期待ができなさそうだったので
夕マズメ狙いの遅めのスタートです

2週連続で台風が通過し
本流・支流ともに増水と濁りが残っています
なんとか魚が釣れる程度まで回復しているといいのですが

IMG_0972.jpg
さっそく目的の支流 残堀川へ
本流との合流点のすぐ上のあたりでは
水面で小さな魚がパチャパチャと跳ねるのが確認でき
期待しながら竿を振っていきます

いい流れのところに毛鉤を送り込むと
たまに何か小さい魚がアタってきますが
なかなかフッキングまでいかず
ついつい粘ってしまいます

IMG_0971.jpg
こんな ちびっ子のオイカワだった
ちょっと溜まりになっている場所なので
このサイズが集まってるっぽい

もっと良いポイントを求めて
上流部へと探り歩いていきます

IMG_0983.jpg
上にいくほど濁りが強く
ちょっとテンカラではキツそうだなと思いましたが
また何やら水面に魚の波紋があるスポットを発見しました
オイカワらしき黒い影がスッと浮いてきて
表層付近で何か流れてきたものを食べて
潜っていく様子が あちこちで観察できます

ここ何だろう?
どうも たくさん餌が流れてきて
それを待ち伏せして捕食するのに
都合のいい地形になっているようです

IMG_0975.jpg
IMG_0978.jpg
IMG_0980.jpg
IMG_0982.jpg
濁りがあるせいで食いミスしてしまうのか
なかなかアタってもキャッチまでいきませんが
ポツポツと悪くないオイカワが釣れて楽しめます
強い流れにのって結構良い引きしてくれる

日没間近になると より活性が上がり
さらに釣果が伸ばせそうだと考えていると
逆にアタリが止まってしまいます

まだ ちらほらと水面には賑わいがあるのだけど
毛鉤には何故かあまり反応しなくなった

この濁りがあるので
日没が近づいて光量が落ちてしまうと
毛鉤に気付かないのかなと思って
大きめの毛鉤に変えたり いろいろやるも
沈黙が続き、けっきょく追加はできず タイムアップ!

というわけでオイカワ7fishでした
夕マズメ狙いでやってみたものの
この濁りならば、むしろ日中のほうが
オイカワが視覚的に毛鉤をとらえやすく
しっかりと食ってきていたでしょうから
釣果は良かったかもしれません
テンカラは普段は圧倒的にマズメに反応が得られるのですが
そうでないこともあるんだと一つ勉強ができました

久しぶりの立日橋でしたが
やっぱり小物を釣るのにもいい場所でした
今度は落ち着いた状況の時にまた釣行してみたいですね

多摩川 立日橋の場所はココ
(柴崎体育館駅より徒歩10分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント

多摩川が近くにあれば楽しそうですね-!
雑魚が釣れるのも何だか面白そうです!
多摩川の近くに住みたい…

No title

かなりタイミングに左右されますが
いろいろな魚が狙えるので多摩川はおもしろいです!
朝霞近辺でしたら黒目川がテンカラでオイカワなんかを
狙っているブログをちらほらと目にしますよe-257