市ヶ谷の釣り堀 【東京】

IMG_1135.jpg
IMG_1173.jpg
とある日の夜、市ヶ谷にやってきました
駅のホームからも見えるお馴染みの釣り堀
市ヶ谷フィッシュセンターで少し遊んでみます

ここには かなり昔に一度だけ来たことがあります
友人とふらっと入って一時間だけやってみたのですが
意外と難易度が高く 素人が簡単に釣れる感じではなく
けっきょくボウズでガッカリした記憶があります
時おりTV番組のロケ地にもなったりするので
日本でも最も知られている釣り場と思われ
今度こそ ここで鯉を釣り上げたいです

IMG_1138.jpg
IMG_1137.jpg
ルールを確認して受付に向かいます
事前に公式サイトで営業時間をチェックして
閉店の一時間以上前に着いたつもりだったのですが
スタッフの方が冬場は早めに閉めてしまうとのことで
なんと40分程度しかできないことに。。。
やばい、釣れるかなぁ

受付で渡された練り餌と
貸し出しの竿とタモ網を持って
時間が無いのでせかせかと池に向かいます

IMG_1143.jpg
IMG_1140.jpg
明かりに照らされた水面には魚影がウジャウジャ
釣り座で準備をしていると手前にコイたちが集まってきます
まるで餌付けされた養殖池みたいです
他にも親子釣れのお客さんが一組いたのですが
その子供さんが簡単にコイを釣り上げていて
なかなか難しいイメージがあった以前の釣り堀の記憶との
ギャップに少し戸惑ってしまいます

外観は全然変わってないのだけど
釣り堀の中は別物になってるなぁ

以前はフラッと入った素人さんが
簡単に釣ることができる場所ではありませんでしたが
ガッカリされないように改善したのかもしれませんね
手ぶらで来ても ちゃんと釣りが楽しめるので
これなら全くの初心者の方にもオススメできます

IMG_1142.jpg
普段は駅から釣り堀をながめていますが
反対側からの景色に新鮮味があります
都心でありながら喧騒を離れられる感じがあり
癒しみたいなものを求めて訪れる人も多そうです

IMG_1147.jpg
IMG_1148.jpg
IMG_1151.jpg
以前よりは魚の濃さが大違いなので
適当にやっていても釣れてしまうのですが
あまりにも魚が多すぎるので
ラインが魚体に触れてアタリが取りづらかったり
アワセが抜けると高確率で他の魚にスレ掛かりしてしまうなど
逆に難しい部分もあります

終了時間までで5匹ほどでしたが
貸し出しの柔らかいグラス竿だと
コイの引きが十分堪能できて楽しかったです
真冬になると自然の釣り場では
魚からの反応が遠くなってしまいがちですが
そんな どうしても魚の引きが恋しくなった時に
手軽にファイトを味わえるスポットなのはいいですね

というわけで楽しい夜遊びでした
釣りをしない一般の人でも知っているような
あの釣り堀で鯉を釣り上げることができたのは
ちょっとだけいい思い出になりました

市ヶ谷フィッシュセンターの場所はココ
(市ヶ谷駅より徒歩5分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント