豊洲 バチ抜け 【東京】

厳しい寒さが続く2月中旬
しかし季節は確実にすすんでいます
すでに東京湾岸の一部の河川では
バチ抜けしているとの情報もちらほらあり
それを捕食するシーバスの釣果報告が増えてきています

そんな大潮のとある日の夜に
豊洲付近の様子を見にいきました
まだこの近辺ではバチ抜けは本格化していなさそうですが
気が早いシーバスがいることに期待します

IMG_1340.jpg
都知事による市場移転の延期で
本来の移転日から一年半が経っても
この立派な豊洲市場関連の施設が並ぶエリアは
閑散として廃墟のように静まり返っています
その沿岸を囲む豊洲ぐるり公園も
3ヶ所を除いて全面オープンしておらず
とても残念な状況が続いています

IMG_1423.jpg
IMG_1424.jpg
その3ヶ所のうち2つは過去に釣行をしていますが
今回は残りひとつの南東エリアにエントリー
ここは運河内につくられた船着き場のような場所で
奥まっていて流れの影響を受けづらい
ややタイミングを選びそうなポイントですが
果たしてシーバスの姿やバチ抜けは見られるでしょうか

まずはバチ抜けしているとしたら
ゴカイたちが溜まっていそうな最奥部から攻めていきます
かなり奥まったところなので可能性としては低いかもしれませんが
餌を求めてメバルや根魚なども入ってきていても不思議ではなく
まずは魚の確認のためにルアーはメバリング用のワームからスタートします

ココン!
一投目から魚が突っついてきます
そして続くキャストでHIT

DWKOTl3VMAA4gFL.jpg
まずはシーバスをキャッチ
産卵後らしいスレンダーな魚体でした

足元を観察してもバチ抜けは確認できませんが
周囲では表層でバチャ!っと
何かを魚が捕食しているらしき音が聞こえます
一匹釣って警戒されてしまったのか
なかなかルアーには喰ってきませんが
しつこく魚の気配があるところに投げ続けると再びHIT

DWKOTl5V4AE5f3-.jpg
ややサイズアップの40前後くらい
ルアーは一誠のスパテラ2.5+1.6gジグヘッド

その後は追加ができなかったので
周辺もチェックしてみようと運河沿いを釣り歩いていきます
さきほどの最奥部と違って流れがあるので
シンキングペンシルで広範囲をチェックしたり
護岸際をワームでテクトロしてみたりして
シーバスの存在を探しますが気配はありません
捕食音も無く、穏やかな水面が続いているので
バチ抜けが本格していない今の段階では
こういった運河の流れのある場所では
まだ数少ないゴカイをコンスタントに捕食ができないためか
あまりシーバスは多く居ないのかなという感じがしました

DWKOTl5UQAAKyIb.jpg
流れがなく魚っ気がある 最奥部に戻って一匹追加
しばらくポイントを休ませると喰ってきます

そして いい時間になったのでタイムアップ
というわけで今年初のシーバス釣行は3匹キャッチでした
実際にバチ抜けは目視できませんでしたが
シーバス達の反応からは表層を意識していることが感じられ
一年の中でも最も手軽にシーバスを狙える
楽しいバチ抜けシーズンに突入したことが実感できました

3月になると春の気配も感じられ
渓流はトラウトが解禁し
バスはプリスポーンに突入し
多摩川ではマルタウグイが遡上など
気になるターゲット目白押しで忙しくなりますが
今年はバチ抜けシーバスも十分に満喫したいです

江東区公式サイトの豊洲ぐるり公園案内

豊洲の場所はココ
(豊洲駅より徒歩5分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント