多摩川 マルタウグイ 【東京・神奈川】

今年も多摩川にマルタウグイがやってきました
最大60㎝クラスにもなる大型のウグイである彼らは
春になると産卵のために群れを成して海から遡上し
浅瀬で水しぶきを上げながら産卵行動をします
その光景は多摩川の春の風物詩となっています
そんなマルタウグイを久しぶりに釣りたくて
とある日の夕方から多摩川に向かってみました

10年ぶりくらいに狙ってみた
昨年度のマルタウグイ釣行では
過去との環境の違いに戸惑い苦戦して
スレでの1匹しか釣れませんでしたが
多摩川の各所をかなり歩き回って
近年のマルタウグイの状況がだいぶ把握できました
今年も台風等で多少は地形が変わっていると思いますが
スタート地点はかなり違うので自信があります

IMG_1608.jpg
大体、二ヶ領上河原堰(稲田堤にある堰)の堰下までが
マルタウグイの群れが遡上してくるメインのエリアに感じます
その付近の多摩川でウグイを釣るには遊漁券が必要なので
釣具店などで事前に入手しておきましょう

IMG_1590.jpg
夕方16時半に多摩川某所に到着
日没まで1時間ちょっとしかないですが
群れを見つけることができれば釣れるはず

IMG_1591.jpg
マルタウグイの着きそうな
分流からの合流点を観察すると・・・いるいる!

婚姻色で赤くなった尾をくねらせて
バシャバシャやっているのが見えます
対岸にいるフライをやっている方は
次々にヒットさせて気持ちよく竿を曲げています

IMG_1588.jpg
開始数分でヒット
流れにのって走る走る!
45㎝くらいの小さめサイズでしたが
久しぶりのマルタウグイに胸熱です
ルアーはダイワのチヌーク7g

IMG_1598.jpg
2匹目
ウグイは食用にされることも少なく
バスやシーバス狙いでヒットすると外道扱いをされて
現状では人気がある釣りの対象魚ではないのかもしれませんが
この時期の婚姻色があらわれた個体は
美しく、季節感を感じられて魅力的なターゲットです

IMG_1602.jpg
IMG_1604.jpg
3匹目はまずまず良型
基本的に魚食性は強くない魚なので
あまりルアーは積極的に喰ってこず
スレ掛かりすることが多いですが
この日キャッチした魚は活性が高かったのか
ちゃんと口掛かりしたものばかりでした

暴れて脱走されてしまったので写真はありませんが
その後2匹を追加してタイムアップ!

というわけで多摩川の春の風物詩 マルタウグイを満喫できました
こんな身近な河川で40~60㎝サイズの魚が
コンスタントに釣れる環境はとてもありがたいです

これから遡上の終わる梅雨時期までは
行けば行くほど釣れるのでしょうが
産卵のため一生懸命登ってきた魚を
傷つけてしまうのは少し心が痛む気持ちもあるので
ほどほどに今年はこれで満足しておきます
東京近郊では柳瀬川も遡上があることで知られているので
もしまたマルタウグイが釣りたい気分になったら
そちらの様子を見に行ってみようかな
関連記事

コメント

非公開コメント

今持たれてる入漁証ではルアーの釣りは出来ませんのでご注意下さい。

No title

コメントありがとうございますe-257
ジョークだとは思いますが一応返答します
ここに東京都の内水面の遊漁規則がまとめられているのでご確認下さい
おっしゃるようなルアーの使用を制限する規則は存在しません
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/nourin/suisan/yuugyo/yuugyorec/