無料でヤマメを釣ることはできるのか?都内河川釣行

渓流釣りでは多くの河川において
漁業権の認可を受けた漁協がヤマメなどの
対象魚種の放流をおこなって魚を増やしており
釣り人はそういった水域で遊漁料を支払って
渓流魚を釣ることを楽しむのが一般的です

しかし漁業権の設定されていない河川にも
ひっそりと天然の個体が生息していたり
管理釣り場から逃げ出したものが野生化したりと
放流が無いため個体数は少ないながらも
渓流魚が釣れる場所が存在しているようです

そういった河川では魚の個体数的に
多くの釣り人が満足できるほどは釣果がでないことや
整備されていない環境からくる釣り辛さなどがあり
あえて挑む人は多くないのではないかと思いますが
ほぼ野生に近いといえる魚が生息しているでしょうから興味があります

東京都の内水面の各漁協はwebサイトがあまり充実しておらず
どこまで漁業権が適用される水域なのかわかりずらいのですが
色々調べてみると一部には漁業権のない川も存在し
わずかながらヤマメも生息しているようです



というわけで前置きが長くなりましたが
漁業権の設定されていない某河川にやってきました
1匹で構わないので無料で渓流魚を釣り上げることに挑戦してみます

IMG_1716b.jpg
とりあえず最初に様子見した地点はこんな感じで
どう見ても浅くて渓流釣りをする雰囲気ではありません
ここから上流を探索して魚を見つけてみます

これだけ浅いと魚がいるところは絞りやすく
ヤマメなどがひそんでいるとしたら
堰の落ち込みなどで水深があるところでしょうから
どんどん移動してそんな場所を探します
しかし理想的なポイントがあっても
足場が無かったりしてエントリーできずに
なかなか釣りをはじめることができません



IMG_1719.jpg
やっといい感じのポイントを発見しました
そーっと近づいてスピナーを投げると
10㎝ちょっとくらいの小さな魚がルアーを突っついてきます

小さいヤマメかハヤかわかりませんが
一応 魚がいることは確認できました
しかし小場所なので警戒されるのも あっという間で
数投で反応がなくなってしまいます

いろいろルアーを試していると
シャッドをアップで流してフワッと浮かせた時に
下から20㎝以上ある白い魚影が興味を示して出てきました

バイトには到りませんでしたが
ハヤではないサイズだし
シルエット的にたぶんヤマメだったな・・・
どうにかもう一度ルアーを追わせようと
いろいろ試行錯誤してみますが
その後は残念ながら姿をあらわすことはありませんでした
いいポイントだっただけに最低でも何がいるのか確認がしたかったけど仕方ない



IMG_1724.jpg
さらに上流にいくと渓流らしさを増します
一度だけ淵になったところに管理釣り場から逃げ出したと思われる
見えニジマスを発見しますが捕食する気がない様子で
キャストした全てのルアーが見切られました

IMG_1722.jpg
弱って浮いているアブラハヤを発見
まだ水温が上がりきっていない時期なので
この他にはハヤたちの姿を見ることはありませんでしたが
おそらく小魚の活性が上がる夏場になれば
彼らの魚影も多くなり 小物釣りも楽しめるのではないでしょうか

IMG_1723a.jpg
そろそろ夕暮れの時間になり
ここから更に釣り上がるのは一苦労だなという
キリのいい地点で今回の釣行は終了にしました

というわけで悔しいノーフィッシュですが
ルアーに追尾してくる魚もありましたし
予想していたよりはちゃんとした渓流釣りが楽しめたなという印象です
漁協が魚の放流などをしていない川なのですが
平日の釣行にもかかわらず2度ほど渓流竿を持った方とすれ違ったので
意外と釣りしている人は少なくないのかな?と感じました
今回はまだ河川のごく一部のエリアしか見れていないので
他の場所をチェックすることがこれから楽しみです
次こそヤマメを仕留めるぞと燃えています
関連記事

コメント

非公開コメント