調布 多摩川 【東京】

4月中旬の某日
多摩川に短時間釣行しました
ネットを見ていると半月前くらいまでは連日のように
良い釣果報告がアップされているのを目にしていましたが
このところはそれが一段落したように見えます
春休み期間の終了もあって釣り人自体が減ったこともありますが
バスが産卵前の積極的に捕食する時期を終えてしまったことや
冬場に一旦リセットされていたバスたちに
再びプレッシャーが蓄積してきたことなども要因としてありそうです
産卵から回復する頃には水温がバスの適水温を上回り
ここからは簡単にはいかない時期がやってきます

IMG_1762.jpg
夕方6時前に上河原堰に到着
1時間ほどで暗くなってしまうので
有望な箇所だけテキパキとチェックしていきます

今年の4月は例年より暖かい日が続きますが
風の強い日が多く、この釣行時も釣り辛いくらいに吹いていました
堰上はやや底荒れしている様子であまりチャンスは無さそうなので
パッと見でスルーを決めて 状況の良さそうなところを探していきます



IMG_1763.jpg
今回も堰の禁漁エリアでは数人が釣りをしていました

魚道を観察すると遡上してきた稚鮎がたくさん跳ねています
まだ3~4㎝ほどのバスが捕食するには小さすぎるサイズですが
前回釣行からの数週間で川の様子も変わっています



IMG_1767.jpg
下流のテトラ帯に入ります
ソフトベイトの食わせの要素が強い釣りは
あっという間に時間が過ぎてしまうので
まずはトップでサーチしているとテトラ際でヒット

IMG_1764.jpg
こんな小バスだった
ルアーはティムコのステルスペッパー
このサイズも水温が上がってきて動けるようになってきましたね

とりあえずノーフィッシュは回避できたので
サイズアップを狙ってノーシンカーのドリフトをやっていきます
しかし暗くなるまで粘ってみましたが
残念ながらマトモなスモールからのヒットは得られませんでした

というわけでタイムアップ
ちょっとやって簡単に釣れるほど甘くなかったですが
いまの川の状況が把握できて良かったです
季節の変化にうまく対応して釣るのは難しいですが
まだスモールの適水温である今のうちに
一度くらいは春満喫のいい釣りをしたいですね
関連記事

コメント

非公開コメント