多摩川スモール 【東京】

IMG_1877.jpg
4月末のとある日の朝
いつもの多摩川中流域に釣行しました
今春はこの時期としては温暖な日が続き
水温がスモールの適水温を上回るのも早そうな予感がします
今のうちになるべく釣っておきたくて多摩川釣行が多くなってます

朝6時に上河原堰付近に到着
堰上側の水域(上河原堰~大丸堰)は
堰下側の水域(上河原堰~宿河原堰)に比べて
スモールの生息環境としてやや落ちるところがあるのか
個人的に少し魚影が薄い印象を持っています
そのため期待度が高い堰下エリアにまず向かっていきます

その移動中に堰上側の岸沿いをトップで流していると
突っつくような小さなチェイスがありました
アレッ?こんなところにバスいるのか!
幸いフックアップしなかったのでチャンスはまだありそうです

IMG_1878.jpg
慎重に周囲を探っていると
ガボッとルアーが吸い込まれて今度はフックアップ
綺麗な魚体のスモールの42でした
ルアーはステルスペッパーの小さいほう

この付近は流れがゆるく
大したストラクチャーのない浅いフラットで
自分はあまりいいポイントだとは考えていませんでした
他のバスアングラーが入っているのを見ることもそう多くない場所です

しかしよく観察をしてみると
この時期は稚鮎が遡上する最盛期であり
彼らは堰の両端の魚道を登って
岸沿いに上流へ泳いでいきます
そのルート上で最初にぶつかる浅場なので
捕食を意識したバスにとっては 稚鮎の群れが次々に通過し
それを追い込みやすい都合のいいスポットになっていることに気づきました

イメージのコピー
文章では説明し辛いですが
イラストにするとこんな感じです



IMG_1894.jpg
思わず堰上側で時間を使ってしまいましたが
本命のポイントに向かいます

毎回のように書いてしまっていますが
この日も堰の禁漁エリアには何人も釣り人がいました
特にGWのこの時期は魚道を遡上する稚鮎を
見学にきている一般の方々がとても多く
禁漁の看板の前で堂々と釣りをやっているのが丸見えで
釣り人のモラル意識の低さを知られてしまうのが残念です



IMG_1885.jpg
目的の堰下に到着
まずは軽くトップで探りをいれたあと
釣具屋でこれはスモールに効きそうだな!と購入して
試してみたかったワームを使ってみます

しばらくドリフトの釣りをやっているとヒット!
さっきのと同サイズくらいですが
豪快なジャンプ1発でバレてしまいました
でも試していたルアーに手ごたえを感じます

IMG_1890.jpg
しかし その後は苦戦
浅場にはネストがちらほら見られます
ある程度のサイズは産卵絡みが多くなっていて
積極的に捕食している個体は少なくなっている様子です

それでもたまにですが稚鮎を追って
水面が賑わう瞬間があるので
即ルアーを投げ込むとバイトしてくるも
フックアップにまで至らない惜しいチャンスが数度ありました

IMG_1888.jpg
ドリフトでいい感じでヒットするも50クラスのニゴイ
自分は外道ウェルカムなので嬉しいです

ここにはニゴイだけでなく釣りながら観察しただけでも
コイ・ヘラブナ・ナマズ・アユ・ヨシノボリ・マルタウグイ・
スモールマウスバス・ウナギ・ミドリガメ・スッポンなどを確認
春の多摩川は生命感にあふれます



IMG_1899.jpg
さらに下流のテトラ帯に行くも
日が高くなってしまい釣れそうな気配は無し
40クラスのネストのバスを釣り上げている人を見ました

そろそろ厳しい時間になったので終了
スタートは良かったですが
なかなか追加ができませんでした
でもスポーニングシーズンのこの時期の
捕食を意識した数少ない個体を探すのはやりがいありますね
特に稚鮎というキーになるベイトがあり
それを捉えて攻略できたときの満足度は高そうです

というわけで長くなってしまいましたが
GW前半の多摩川での朝練習釣行でした
関連記事

コメント

非公開コメント