荒川 赤羽付近 【東京】

IMG_2039.jpg
先週は赤羽付近の荒川へ釣行
このところ東京湾奧で赤潮が発生していて
先日、隅田川に行った際も水質の悪さが気になり
もう少し河川上流部のほうが良いんじゃないかなと感じました
初夏のこの時期はテナガエビが産卵で遡上まっ只中であり
テナガエビの好ポイントである岩淵水門あたりに
それを捕食する魚が集まっていないかと期待してみます

夕方5時到着
まずは岸沿いを探りながら
目的の水門へ向かっていきます

開始10分ほどでさっそく最初の反応
足元でソウルシャッドがひったくられました

ノラなかった
あの銀色のスレンダーな魚体はシーバスだったな
30クラスの大したサイズではなかったけれど釣っておきたかった
でもルアーに対する反応からすると活性は低くなさそうです

IMG_2040.jpg
水門に着きました
写真には写っていませんが
テナガエビを狙っている人も数名いらっしゃいます

IMG_2041.jpg
この付近の石積み護岸は隙間が大きく
いかにもテナガエビが好みそうな環境

今回は時間があまりないのでやりませんが
テナガエビ狙いでも来てみたいです

IMG_2044.jpg
テナガエビを発見
他にも岸際でハクの群れが藻をついばんでいる姿も見られ
周辺にそれを狙うシーバスやバスなどが居る可能性は高そうです

水門の周辺をミノーでサーチしていると
25cmくらいの黒い魚影が追尾してきましたがバイトにはいたらず
まだ明るい時間帯なので見切られにくいトップの方が喰ってきそうだなと
ラッキークラフトのサミー65にチェンジします

IMG_2047.jpg
40くらいのシーバスをキャッチ
自分の手前2mくらいでガボッ!っと出たので
ちょっとビックリさせられました

IMG_2052.jpg
上流に沈む夕陽がきれい
いよいよ日没の時合を迎えます

一度バラシがあったのち
岸沿いをどんどんミノーで探っていくと再びヒット

IMG_2060.jpg
ビーフリーズ65で2匹目

IMG_2063.jpg
さらにチビを追加
明るい時間帯は流心にいたシーバスたちが
暗くなってきて岸際に捕食に入ってきたかな

そろそろ完全に暗くなったので
帰路にある橋の明暗部だけ
最後にチェックしてから帰ろうと考えていると
ここでもヒットが得られますがバラしてしまい
悔しくてついつい粘ってしまいます

IMG_2066.jpg
IMG_2067.jpg
そして2匹追加してフィニッシュ

というわけでサイズはでませんでしたが
シーバスからの反応は期待した以上に得られました
テナガエビを意識していた魚がだったのかは分かりませんが
いま良いんじゃないかと自分で予想したエリアで釣れたので
とても満足度が高い釣行になりました

これから夏場に入ると東京湾奥は水温が上がりすぎて
シーバスは秋まで一段落なイメージがあるので
もう少し頑張って今のうちに釣っておきたいです
関連記事

コメント

非公開コメント