梅雨の多摩川 【東京】

6月上旬に関東地方も梅雨入りし
雨天の多い日が続いています
それでも夕まずめの短時間ではありますが
ちょくちょく時間をみつけて多摩川に釣行をしています

IMG_2123.jpg
とある日の夕方5時すぎに
上河原堰付近に到着

何度か過去の記事で
ここの堰の禁漁区で釣りをしている人が多く
疑問に感じていたことを書いていましたが
いろいろなところで話題になり周知されてきたためか
それとも ただ最近 釣れていないだけなのか分かりませんが
この日は釣り人の姿はありませんでした

IMG_2125.jpg
約1ヶ月ぶりなので
まずは全体的な様子を見ていきます
前回釣行時はちょうどスポーン真っ最中で
浅場に多くのバスを確認できましたが
この時期になると やはり簡単には魚影は見つけられません

IMG_2180.jpg
表水温は22℃
この日はさほど気温が高くありませんでしたが
夏を思わせるような暑い日も増えてきており
産卵を終えた良型サイズのスモールの多くは
例えば五本松のような しっかりとした水深と流れがある
高温を避けることができるスポットへ移動したのかもしれません

IMG_2124.jpg
IMG_2182.jpg
ここの堰下の河原には
このように石を立てるおじさんが来るのですが
その作品が今日もあるかな?と毎回楽しみになってます
今日も見つけることができてテンションが上がりました

そしてとある場所で小鮎らしき魚が
何らかの捕食者に追われて水面を跳ねているところを発見します
さっそくルアーを送りこむと興味をしめしてきて
何度かのバイトの末にヒット!

IMG_2127.jpg
このサイズだった
ルアーはステルスペッパーの小さいほう

IMG_2131.jpg
すぐに2匹目

IMG_2135.jpg
岸辺に浮いていた鮎

こういう弱ってしまい流されている捕食しやすそうな鮎をイメージして
スィッシャーを表層でドリフトする感じで使いました

IMG_2134.jpg
3匹目はさらにサイズダウン

この日はこれで終了
小バスと遊んだだけでしたが
多摩川の近況が確認できて満足でした



IMG_2146.jpg
さらに一週間後に再び釣行
今年初めて日本列島に台風が接近し
その影響で雨が降り続いた日でした

これからの季節はたびたび台風や豪雨などで
河川は増水し濁りが入ることが起こりますが
そんな時にスモールがどんなところにいるのか
確認をするのに ちょうどいい状況になりました
攻略の糸口を掴みたくて色々と試します

IMG_2147.jpg
基本的に流れを好むスモールですが
こういう時は落ち着けるところに身を寄せているのではないかと
逆ワンドやテトラ帯の中、岸際のえぐれなど
流れのゆるい場所などもチェックしたりしてみます

しかし残念ながら反応は得られず
これだというものを今回は見つけることができませんでした

IMG_2148.jpg
下流にある水路が合流するところに移動

ここは普段は浅すぎるのですが
水路内は本流よりも濁りにくく
増水すると鯉やニゴイや良型のウグイなどの
いろいろな魚たちが入ってくるスポットになります

さらに彼らは上から流れてくるものを捕食しているのか
小さめのルアーに反応が良好になっているので
ボウズ逃れにはピッタリなポイントです

IMG_2152.jpg
50クラスのニゴイをキャッチ
いい引きを味わうことができました
ルアーはテングスピナー

というわけで梅雨の多摩川釣行でした
twitterで他の多摩川アングラーの方々の釣果をみていても
簡単ではない時期に突入した感じがしますが
今年はそこを何とか打破するべく頑張りたいです
関連記事

コメント

非公開コメント