無料でヤマメは釣れるのか?都内河川釣行 その2

前回までのあらすじ
無料でヤマメは釣れるのか?都内河川釣行その1

東京都にもいくつか存在する漁業権のない河川
そういったところは漁協による放流が無いため基本的に魚影は薄いですが
一部にほぼ天然と呼べる野生化した渓流魚が
わずかながら生息している場所もあるようです
その放流魚ではないヤマメにとても魅力を感じて探していましたが
先週、再び釣行してついに結果がでました






IMG_2782.jpg
午後4時に到着

前回釣行の場所から約1.5kmほど上流のところです
この付近になると都内とは思えないくらい自然に囲まれていますが
写真をみてもわかるように水量はあまりなく
渓流魚が生息できる環境かどうかは微妙です

全体的にかなり浅く
魚がいるような水深があるところは限られているので
どんどん登りながらそういったところをテンポよくチェックしていきます

釣りはじめて数分
なんと最初にエントリーした場所でさっそくヒット!
しかもサイズ的にハヤとかではなさそう・・・

IMG_2779.jpg
IMG_2780b.jpg
ヤマメだった!
いきなり本命の登場です
ヒットルアーはスミスのAR-Sスピナー
はじめて釣った天然物と確定できるヤマメなのでまじまじと観察
なんだか輝きが違うような気がしてきます

IMG_2783.jpg
次のスポットでもチビヤマメを追加

その後もここいそうだなと思ったところから
だいたい1/3くらいの確率で反応がある感じで
想像していたより魚影は薄くないです

IMG_2786.jpg
たまに釣りながら河床の石をひっくり返してみますが
川虫やサワガニなどの生物は見つからず
あまり底生動物は豊富ではなさそう
ヤマメ達は落下昆虫を捕食していることが多そうです

IMG_2792.jpg
3匹目
ルアーを泳がせられるほどのスペースが無いところが多いので
狙いたいスポットの上流側からエントリーして
スピナーをダウンクロスでキャストして点で誘うのを多用します

ヤマメは警戒心の強い魚ですが
この季節は川遊びが多いためか
人に対する警戒心がすこし薄れている様子で
かなりの近距離でもアタリがあったりします

IMG_2790.jpg
勾配がキツくなってきたのか
上流に行けば行くほど反応は薄くなります
渓流の夕暮れは早いので今回はここまでにしよう

IMG_2796.jpg
帰路でチビヤマメを追加

というわけで終了
目的の天然ヤマメをキャッチできました
環境的に魚のサイズは望めないものの
自宅からワンコインで来ることができるような川で
気軽に渓流釣りを楽しめる場所を見つけることができて嬉しいです
それでもあまり何度も釣りに行ったり
キープしたりすれば魚がいなくなるのは一瞬なので
これからはひっそりと生きているヤマメ達を見守るというスタンスでいたいです
ありがとうございました
関連記事

コメント

非公開コメント