多摩川 堰上シーバス 【東京】

前回はオランダ釣りに挑戦しましたが
その翌日に再び多摩川に向かいました
それはtwitterでいろいろな方の釣果を見ていて
宿河原堰の堰上エリアでシーバスをキャッチしたという情報を目にしたからです

多摩川
近年までは多摩川でシーバスが狙えるのは
河口から最初の堰である丸子の調布堰までのエリアと一般的に言われていました
しかし数こそ多くはないものの増水した際などに調布堰を越えてくる個体もいて
その堰上シーバスはごく一部のアングラーのみ知る存在でした
自分も昨年一昨年とそれを釣り上げる経験をして
完全な淡水域で釣れるシーバスに面白さを感じていました

さらに今年に入ってfimoのyoutubeチャンネルで
シーバスのプロアングラーの大野ゆうきさんが
調布堰より上でシーバスを釣る動画が公開されて話題になり
一気に堰上シーバスの存在は多くの人が知るところとなりました
すこしメジャーになってしまったことに寂しさみたいなものも感じましたが
こうなったら(?)もっとみんながビックリするような
より上流でシーバスを狙ってみようかなと考えました
調布堰より上にある宿河原堰も
ボラだとかマルタウグイは普通に堰を越えているので
シーバスだって堰を越える個体がいても不思議ではありません

それで宿河原堰~上河原堰間の水域で
シーバスを狙うタイミングをはかっていたのですが
先日の台風通過の増水で遡上したのか
前述したツイートで宿河原堰上でシーバスがキャッチされたことを知って
慌てて連日の多摩川釣行になりました



IMG_2898.jpg
夕方4時に上河原堰に到着
この堰から下の水域でシーバスを狙います
(当然、釣りは禁漁区域より外側でやります)

IMG_2897.jpg
おそらく宿河原堰を越えるようなシーバスは大半がセイゴクラスだと思うので
小さいサイズも取りやすいメバリング用のワームを投げます

流れの中を探っていきます
昨日より30㎝ほど水位が下がっていて
これが魚にどう影響しているでしょうか

ちょいちょいチビスモールが反応して追ってくるのが見えます
だいぶ水温が下がったのでやっぱり活性上がってるな~と思っていると
流れの中で何者かがワームを引ったくりました

IMG_2904.jpg
スモールの25㎝くらい
今回はシーバス狙いなので外道ですが
とりあえずボウズは回避なので良かった



IMG_2905.jpg
その後、堰下ではヒットは無く
日活撮影所近くの水門ポイントに移動
ツイートではこのもう少し下流でシーバスが釣れたみたいですが
ここもシーバスのベイトとなっている鮎が多い瀬があって
その瀬尻に用水路との合流点が複合している好ポイントなのでチェックしておきたいです

しばらく色々試しますが
何かがワームを突っついたようなアタリがあったかなというのみでした



IMG_2906.jpg
さらに下流まで行って
日没まで頑張ってみましたが
残念ながらシーバスの姿を確認することはできず

というわけでタイムアップ
う~ん、ちょっと釣行したのが遅かったかもしれないな。。。

まあ個体数自体がかなり少ないので
運の要素も大きく難しいですが
また増水があって良いタイミングがあったら挑んでみます

次こそ宿河原堰上シーバス釣るぞ!
関連記事

コメント

非公開コメント