荒川 温泉 【埼玉】

今年はあまり強い寒波がなく
暖かな初冬が続いていましたが
12月半ばになると冷え込む日が増えてきました

昨日も最低気温は3℃と
朝方は起きるのが辛い寒さでした
一年でも最も釣果を出すのが難しい厳寒期が近づいてきたので
そろそろあのポイントがいいんじゃないかなと
午後から様子を見に行ってみました

IMG_3246.jpg
というわけで、やってきました荒川 笹目橋
このすぐ上流に温排水が流れ込んでいる通称:温泉と呼ばれている場所があり
水温が高くなっているため真冬でもバスが釣れやすいとされていて
都内のバスアングラーには言わずと知れた人気ポイントになっています
14時からの遅めのスタートなのであまり長時間の釣りはできませんが
テキパキとやって何とかバスの顔を見たいです

IMG_3248.jpg
まずは温排水ポイントに向かう前に
以前に荒川釣行した際に笹目橋の下がけっこう良い地形だったので
軽くチェックしておこうとエントリーします

ラッキークラフトのベビーシャッド50で
バスが着いているならここだろうなという
テトラ沿いのラインを引いていると一投目でいきなりバイト
フックアップしませんでしたが2投目で再び喰ってきました

IMG_3250.jpg
このサイズだった
でもとりあえずノーフィッシュは回避

気になるのはこの時期なのに
こんな小バスがアグレッシブに追い喰いしてきたことで
人間の体感では季節はもう冬になった感じがありますが
ひょっとしたらバスの状態はまだそうではないのかもしれません

その後、2匹目を狙ってより丁寧に探ってみますが
追加はできず本命の温排水ポイントに移動



IMG_3255.jpg
通称:温泉に到着
ここはY字をした地形になっていて
温排水の流れる水路と
彩湖と繋がる水路が合流して
荒川本流に注いでいます

自分自身はほとんど初めてに近いポイントなのですが
とても有名なポイントなので色々なブログで釣行記が書かれていたり
youtubeにヒットシーンの動画などが多数アップされているので
どんな釣り方でバスがヒットしているかは何となく把握してます
温排水の水路で巻いたり転がしたりするかの釣りと
もう一つの水路側にあるテトラ帯で穴釣りをやるかの
大体、この2つのパターンで釣っている方が多いみたいです

IMG_3256.jpg
まずは温排水の水路にエントリー
シャッドを巻きながら様子を見てみますが
こういう場所に集まるはずのイナッコなどの姿があまり見えず
今回は何だか魚っ気を感じなかったので軽く流すだけにしました

IMG_3260.jpg
IMG_3259.jpg
もう一つの水路に移動
護岸沿いをシャッドで探りながら
目的のテトラ帯に向かっていると
グンとルアーに何かが当たった感触があり
次の瞬間にドラグがギューン!とでまくります

うわ~やってしまった

IMG_3264.jpg
レンギョのスレ掛かりです
一度掛かってしまうともう大変で
かなりのタイムロスをしてしまいました
この時期は16時半には日が沈んでしまいます
もう残り時間がわずかなのでもったいない
温排水があるエリアはこれがあるからプラグは使いづらいですよね

IMG_3266.jpg
テトラ帯に到着
あと30分ほどで暗くなってしまいますが
最後はここで定番の穴釣りをやってみようと思います

・・・

ネコリグをひとつひとつの穴にソーッと落とし続けます
しかし、日中は何人もの方がルアーを投下し続ける
東京近郊でも屈指のハイプレッシャーポイントなのでそう甘くはなく
残念ながら反応は得られないまま日没となってしまいました

というわけでタイムアップ
ちょっと消化不良だった釣行で
もっとじっくり時間をかけてやりたいポイントでした
ここは潮の影響を受ける場所なので
刻一刻と水位や流れが変化し
どういうタイミングでどういうアプローチをすれば良いのか
とても頭を使って考えさせられます

温泉では一度もバスの姿は見えず
何人かのアングラーの方にお話を聞きましたが釣れていた方もいなかったので
正直、あまり状況は良くない日だったように思います
最初に釣ったバスの状態から個人的に感じたのは
ひょっとしたら今冬の冷え込みの遅れによって
温排水に周辺のエリアからまだ魚がそこまで集まっていなのかもしれません

次はできればより季節が進んだ
1月~2月上旬あたりの最も低温の時期にまた挑戦してみたいですね
寒さに負けず頑張って冬を乗り切ります!
ありがとうございました

(自分はこの場所の経験値が少なく、今回の釣行時に感じたことをそのまま書いています
温泉に詳しいアングラーの方からすると検討外れなこと書いているなと思われることも
多々あるかと思いますが読み流して頂けると幸いです

荒川 温泉の場所はココ
(西高島平駅より徒歩15分ほど)
関連記事

コメント

非公開コメント