多摩川 上河原堰 工事

twitterでいるんな方の釣果をのぞいていると
よく釣行をしている多摩川の二ヶ領上河原堰のあたりで
工事をしているという情報を目にしたので
昨日、ちょっと様子見をしてきました

IMG_3271.jpg
IMG_3272.jpg
IMG_3275.jpg
IMG_3277.jpg
想像以上に大規模に工事がおこなわれていました
以前の台風によって崩れていた東京側の護岸の復旧のようで、来年の春まで続くようです
堰から日活撮影所前の水門までは水辺に立ち入りができなくなっています
堰下の分流は水が抜かれて中州まで整地がされています

調布・多摩川でアユの産卵がピーク(調布経済新聞)

気になるのは、ちょうど鮎の産卵時期と重なっていることです
多摩川の鮎は二ヶ領上河原堰~二子玉川付近までの区間にある
いくつかの浅瀬でのみ産卵しているとされていて
まさにその産卵場となっているエリアの直上で
水中に土砂を舞わせてしまう・流れを変えてしまうような
工事がおこなわれているので影響が心配です
確かにこの場所は何度かの台風によって少しずつ河岸が崩れていたので
工事が必要だったことは理解できますが時期が悪いです
下流のほうでしっかり産卵してくれていればいいのですが



IMG_3280.jpg
工事の様子を確認したあと
小一時間、日活水門で竿を出してみましたが
残念ながら全くアタリはありませんでした

ここは流れがゆるやかで
温排水というほどではないですが
水路から暖かい水が流れ込んでおり
冬バス狙いで人気のスポットなのですが
今年は工事の影響で厳しくなる可能性がありそうです

IMG_3285.jpg
午後4時ごろで表水温は12℃くらい
水路との合流点付近では16℃ありました

やっぱり濁りがでています
スモールは本来 透明度が高めの場所に生息しているからなのか
濁りが入るとなかなかルアーに気づいてもらえない印象で
一気に難易度が上がる感じがします

自分にとって最も近場で釣りができる場所が
当面はこんな様子なので足が遠のきそうです
来春の工事終了後、はやく回復してくれるといいな
というわけで今回もありがとうございました
関連記事

コメント

非公開コメント