多摩川 減水の登戸編

前回、上河原堰付近の近況を確認したあとに
すこし下流側の登戸エリアに移動しました

この日の数日前にtwitterを見ていると
「登戸付近の多摩川が大減水してる!」というツイートが流れてきました
どうも堰の点検らしく2月25日~28日の期間は水を減らすようで
普段は水中にある地形などを把握するのに
またとない機会になりそうです!

実際に現地に行ってみると1.5m程度の減水でした
画像や短い動画もすこし撮ってきたので
上流側から順番に貼っていきます



IMG_3835.jpg

多摩水道橋からの上流側の眺めです



IMG_3837.jpg

多摩水道橋から下流側の眺めです
人気ポイントのテトラ帯は多摩川としては比較的 水深があります



IMG_3839.jpg

多摩水道橋と小田急線鉄橋の中間付近です
普段見えている石積みの下にも消波ブロックが組んであります
大体、登戸エリアの護岸はこのような二層構造になっているっぽいです




小田急線鉄橋下です
深くまで石積み護岸が続いていることや
一部に張り出した箇所があるのがわかります



IMG_3846.jpg
小田急線鉄橋から少し下流の付近



IMG_3847.jpg
IMG_3849.jpg

小田急線鉄橋の下流にある水門



IMG_3857.jpg
小田急線鉄橋と宿河原堰の中間付近です



IMG_3855.jpg
IMG_3852.jpg
宿河原堰の堰上です
よく根掛かるところに通称:タマネギ(網で石を包んでるやつ)が沈んでいたり
誰かがイタズラしているのか倒木にコンクリートブロックをロープで巻きつけて
人為的に沈められているものなんかもありました
もう絶対そこには投げないぞ


少し長めになってしまいましたが
小田急線鉄橋下流の水門~宿河原堰まで歩いた動画です
ちょっと気になったのは河川敷にある池(通称:ラブホ池)の
いくつかも本流と同様に減水していたことです
どうも水位が連動しているようですね

こんな感じで減水中の登戸を見てまわりました
この状況でも多くのバスアングラーの方々がいましたが
釣れているところは見かけませんでした
これだけの水位変動があるとしばらく魚の活性は厳しいでしょうね
この記事をアップしている頃には水位は戻っていると思いますが
はやく魚の状態も回復してほしいです

というわけで次に繋がる良い観察ができました
今回もありがとうございました
関連記事

コメント

非公開コメント